ページタイトル:白倉のカスミザクラ 当サイトのシンボルマーク

画像:白倉のカスミザクラ 名称 白倉のカスミザクラ
    (しらくらのかすみざくら)
名称の典拠 現地の標柱(注1)
樹種 ソメイヨシノ?(注2)
樹高 25m(注3)
目通り幹囲 3.6m(注4)
推定樹齢 300年(注4)
所在地の地名 新潟県十日町市小白倉卯(注5)
 〃 3次メッシュコード 5538−65−67
 〃 緯度・経度 北緯37度13分35.3秒
           東経138度42分52.9秒
十日町市指定天然記念物(1998年4月27日指定)
撮影年月日 2019年4月24日

注1)設置者名の確認を失念(十日町市教育委員会が設置?)
注2)カスミザクラということだが、ソメイヨシノではないのだろうか。しかし、いつものことながら、樹種鑑定にはあまり自信なし
注3)環境庁「日本の巨樹・巨木林 甲信越・北陸版」による
注4)上記案内板による
注5)2005年4月1日、広域合併により十日町市に編入合併。旧行政区は中魚沼郡川西町





 国道252号の道の駅「瀬替えの郷せんだ」の北で国道403号に乗り換えて北上。大倉トンネルと渋海トンネル、二つのトンネルを抜けた先に、大白倉、小白倉の2集落が並んでいる。
 小白倉の南側入口付近の国道脇に、1994年に閉校となった白倉小学校があった。(閉校後の校舎は体験型宿泊施設「キャンパス白倉」として活用中。校門には今も小学校の門札が残る)
 校門のすぐ横に左図の桜が立つ。
 カスミザクラとされているが、外見的な特徴がソメイヨシノによく似ているように思われる。
 案内板によると、小学校創立の頃(明治9年=1876)、篤志家が京都から苗を購入して植えたと伝えられているという。
 ならば、なおのこと。あまり見栄えのしないカスミザクラを敢えて植えるだろうか。しかも、近くにも自生するのに、京都から苗まで取り寄せて。
 当時、ソメイヨシノはまだ珍しかったはずである。苗を取り寄せるだけの価値はあったことだろう。
 しかし、もしもソメイヨシノだとすると、樹齢は、日本最古とされる弘前公園のソメイヨシノを上回ることになる。それも無理があるように思われる。各地のソメイヨシノ古木と見比べ、この個体が植えられたのは、古く見積もっても、明治末〜大正期がせいぜいでないだろうか。
 いろいろ疑問の尽きない天然記念物だが、当の桜自身は、詮索を他所に精一杯花を咲かせていた。
 満開を少し過ぎ、曇天下ではあったが、十分に美しかった。
ボタン:新潟県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る