ページタイトル(杉之当の大スギ) サイトのシンボル

画像:杉之当の大スギ

画像:杉之当の大スギ(幹と並ぶ)

画像:シーサイドバレー・スキー場
  名称 杉之当の大スギ (すぎのとのおおすぎ)
名称の典拠 「にいがた巨樹・名木100選」(注1)
樹種 スギ
樹高 28m(注2)
目通り幹囲 13.3m(注2)
推定樹齢 300年以上(注2)
所在地の地名 新潟県糸魚川市杉之当(すぎのと)
 〃 3次メッシュコード 5537−37−11
 
〃 緯度・経度 北緯36度56分12秒
           東経137度53分27秒(注3)
新潟県指定天然記念物(「杉之当の大スギとシナノ木」として1975年3月29日に指定)
撮影年月日 2002年4月28日

注1)1999年に新潟県緑化推進委員会が刊行
注2)環境庁「日本の巨樹・巨木林 甲信越・北陸版」による
注3)正確さについて、あまり自信なし





 杉之当白山神社の御神木。1991年の環境庁調査では、将軍杉に次いで、新潟県内第2位の大杉。
 この辺りに白山神社はたくさんあるが、大杉の白山神社は、糸魚川シーサイドバレー・スキー場の最初のリフトの終点近く。道は非常に狭く、駐車場もないので、スキー場に乗り入れて駐車した。早春だったので草丈が低くて助かった。
 大杉は崖の上に立っている。神社の手前から山に入り、根元に立った。さすがに太い。
 が、元来が融合木だったようで、中央部が枯れて失われてしまった今、ちょっと見には1本の木に見えないのが残念。
 さて帰ろうと、車に乗ろうとしたら、アケビが群生しているのが目に付いた。白山神社の神様から夕餉の御馳走をお土産にいただく次第となった。
 
ボタン:新潟県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る