ページタイトル:ししのくらの森のブナ(西株) 当サイトのシンボルマーク

画像:ししのくらの森のブナ(西株)…(幹と並ぶ) 名称 ししのくらの森のブナ(西株)
    (ししのくらのもりのぶな(にしかぶ))
名称の典拠 なし
樹種 ブナ
樹高 不明
目通り幹囲 5.9m(注1)
推定樹齢 不明
所在地の地名 新潟県胎内市宮久(注2)
 〃 3次メッシュコード 5639−74−83
 〃 緯度・経度 北緯37度59分11.1秒
           東経139度32分13.1秒
天然記念物指定 なし
撮影年月日 2019年11月4日

注1)地表面から1.3mの高さで幹囲を実測
注2)2005年9月1日、北蒲原郡内の2町が合併して胎内町誕生。旧行政区は北蒲原郡黒川村





 県道53号(胎内二王子公園羽黒線)風倉トンネルの北東に「ししのくらの森」があり、2本のブナ巨木が東西に40mほど離れて立っている。「東株」と「西株」と名付けてみたのだが、相変わらず面白味のない名前で申し訳ない。
 ご覧のように、地上3mほどまでは古木の様相を呈し、そこより上は、いかにも若々しい。いわゆる「あがりこ」の樹形である。老若境界部の高さから、この地の積雪がいかに多いか推測できる。
 環境省巨樹データベースに未登録で、私は最近まで存在を知らなかったのだが、「新潟の大杉と天然杉」のOさんから情報をいただいて訪ねることが出来た巨木である。
ボタン:新潟県(下越)の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る