ページタイトル:中継のカツラ 当サイトのシンボルマーク

画像:中継のカツラ(幹と並ぶ) 名称 中継のカツラ (なかつぎのかつら)
名称の典拠 なし
樹種 カツラ
樹高 20m(注1)
目通り幹囲 8.6m(注1)
推定樹齢 300年以上(注2)
所在地の地名 新潟県村上市中継(注3)
 〃 3次メッシュコード 5739−54−77
 〃 緯度・経度 北緯38度29分02.6秒
           東経139度35分40.7秒
天然記念物指定 なし
撮影年月日 2020年3月7日

注1)「新潟の大杉と天然杉」による
注2)環境省巨樹データベースによる
注3)2008年4月1日、村上市に合併。旧行政区は岩船郡山北町(さんぽくまち)





 中継川(なかつぎがわ)中流部、県道248号(山熊田府屋停車場線)沿いに中継集落がある。
 現在の国道7号は海岸に沿って新潟・山形両県を結ぶが、かつての出羽街道は山中を通っていた。
 村上から旧蒲萄峠(ぶどうとうげ)を越えて、漆山神社の近くを通り、大沢、大毎(おおごと)、小俣(おまた)を経由して出羽に抜けるのがそのルート。中継はその宿駅を勤めたという。(昔は中次と表記したようだ。松尾芭蕉も「奥の細道」紀行で逆向きにここを通っている)
 本集落から下流側に1.3mほど離れたところにも別の集落があり、その裏手に左図のカツラが立つ。県道からも樹冠部が見える。(脇見運転注意)
 集落の東端、県道と並行する生活道路から延びる幅2mほどの草の道を歩いて行くと、孟宗の竹林を透かしてカツラの姿が見えた。
 株立ちのカツラだ。折損枝があまり見られないのは、狭い谷の底部、山との境界部にあって、強風の通り道から外れているからだろうか。
 環境省のデータでは幹囲632cm(1988年以前の調査値)。今もぐんぐん大きくなりつつあるところ。
ボタン:新潟県(中越)の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る