ページタイトル:川辺の大クス 当サイトのシンボル

画像:川辺の大クス 名称 川辺の大クス (かわなべのおおくす)
名称の典拠 現地の案内板(注1)
樹種 クスノキ
樹高 25m(注2)
目通り幹囲 16.0m(注2)
推定樹齢 伝承1200年(注2)
所在地の地名 鹿児島県南九州市川辺町宮(中福良)(注3)
 〃 3次メッシュコード 4730−03−51
 〃 緯度・経度 北緯31度22分44.2秒
           東経130度23分28.5秒
鹿児島県指定天然記念物(1956年9月2日指定)
撮影年月日 2007年7月29日

注1)2003年2月に川辺町教育委員会が設置
注2)環境庁「日本の巨樹・巨木林 九州・沖縄版」による
注3)2007年12月1日、2つの郡にまたがる3町が合併して南九州市誕生。旧行政区は川辺郡川辺町





 飯倉神社の入口、鳥居横に立つクスノキ。
 案内板によれば、蒲生のクス志布志のクスに次いで、鹿児島県内ではNo.3の幹囲を誇っていた時代もあったという。その後、落雷により幹が3つに裂け、肝心の中央が枯死してしまった。
 今はご覧の通り。辛うじて昔日の面影を伝えるのみ。
 元気のいい頃に会ってみたかった。
 
ボタン:鹿児島県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る