ページタイトル:牛舘八幡神社の大杉 ロゴ:人里の巨木たち

画像:牛舘八幡神社の大杉 名称 牛舘八幡神社の大杉
    (ぎゅうかんはちまんじんじゃのおおすぎ)
名称の典拠 なし(注1)
樹種 スギ
樹高 35m(注2)
目通り幹囲 6.4m(注2)
推定樹齢 400年以上(注3)
所在地の地名 宮城県角田市角田字牛舘
 〃 3次メッシュコード 5640−76−62
 〃 緯度・経度 北緯37度58分12.6秒
           東経140度46分37.4秒
角田市指定天然記念物(1991年5月28日指定)
撮影年月日 2016年5月12日

注1)天然記念物指定名称は「八幡神社の大杉」。しかし各地に八幡神社があって紛らわしいので、私のサイトでは地名を冠して呼ばせていただくことにする
注2)環境省巨樹データベース(2000年フォローアップ調査)による
注3)2015年2月に角田市教育委員会が設置した「八幡神社の文化財」案内板による





 角田中学校の西に八幡神社が鎮座する。
 各地に八幡神社があって紛らわしいので、便宜上地名を冠して呼ばせてもらったが、現在の福島県石川郡方面を治めていた石川氏に関係がある神社なので、石津八幡宮とか磐都嶺八幡宮とか呼ばれたこともあるようだ。(宮城県神社庁の神社紹介ページによる)
 現在地への遷座は、慶長3年(1598)。豊臣秀吉の奥州仕置によって領地を召し上げられ、伊達家の家臣となった角田初代館主石川昭光(いしかわあきみつ)が旧領からここに移したという。(案内板より)
 角田市指定天然記念物の大杉は、参道石段上部。慶応2年(1866)建立の楼門(これも市指定文化財)の手前に立っている。
 地表近くでゆるやかにカーブを描いて根を広げ、しっかり地面をつかむ姿が美しくもあり、力強くもある。
 角田市内には県指定天然記念物の高蔵寺の大杉もあるが、そちらは二幹の大杉だ(もとは三幹)。
 単幹のスギとしては、この八幡神社の大杉が角田市随一の大杉である。
ボタン:宮城県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る