ページタイトル:谷中のケヤキ 当サイトのシンボル

画像:谷中のケヤキ_1

画像:谷中のケヤキ_2
名称 谷中のケヤキ (やなかのけやき)
名称の典拠 天然記念物指定名称
樹種 ケヤキ
樹高 25m/30m(注1)
目通り幹囲 5.6m/5.3m(注1)
推定樹齢 300年以上(注1)
所在地の地名 栃木県矢板市安沢
 〃 3次メッシュコード 5539−17−27
 〃 緯度・経度 北緯36度46分10.5秒
           東経139度57分51.1秒(注2)
矢板市指定天然記念物(1988年3月15日指定)
撮影年月日 2012年9月27日

注1)環境庁「日本の巨樹・巨木林 関東版(T)」による
注2)これは向かって右のケヤキの位置





 県道161号(下河戸片岡線)内川橋の下流、内川左岸沿いに広がる水田の縁近くに立つケヤキ。
 広い御屋敷の取付道路の入口で、道の両脇をかためている。門杉ならぬ「門欅」のよう。向かって右の方が少し太いように思ったが、両者はほぼ拮抗。堂々たる門番である。
 ケヤキの周囲をぐるっと回り、さて撮影を、というところで、お仲間が増えた。
 邪魔にならない場所に、栃木ナンバーの車を駐め、カメラと三脚の準備を始めた。近隣にお住まいの方らしい。私の姿を認め、話しかけてこられた。
 お互い、同好の士と思い、和やかなムードで会話が始まる。しかし、どこかおかしい。やがて、互いに勘違いに気付いて、照れ笑い。実は、彼は、根元のヒガンバナが目的。私はケヤキ。互いに、自分と同じ対象を撮りに来たとばかり思い込んでいたのだ。
 でも、巨樹探訪を長年続けているが、同じ目的を持つ人と現場で出くわすことは滅多に無い。たとえヒガンバナ目当てでも、出会いは嬉しいものだ。
 このケヤキがめぐり合わせてくれたと思うことにした。
 
ボタン:栃木県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る