ページタイトル(戸隠神社の一本杉) サイトのシンボル

画像:戸隠神社の一本杉

画像:戸隠神社の一本杉(遠景)
 戸隠神社の一本杉

画像:戸隠神社々叢
 戸隠神社の社叢
名称 戸隠神社の一本杉
    (とがくしじんじゃのいっぽんすぎ)
名称の典拠 現地の案内板(注1)
樹種 スギ
樹高 33m(注2)
目通り幹囲 5.7m(注2)
推定樹齢 300年以上(注2)
所在地の地名 岐阜県郡上市和良町宮地字門の脇
 
〃 3次メッシュコード 5337−40−86
 
〃 緯度・経度 北緯35度44分36.4秒
           東経137度04分29.1秒
岐阜県指定天然記念物(1998年7月3日指定)
撮影年月日 2004年8月10日

注1)屋根のついた立派な案内板(設置者・設置年月日とも不詳)。そばに岐阜県教育委員会が設置した標柱もあり、そちらの名は「戸隠神社の一本スギ」とスギがカタカナ。多分そちらの方が正式な天然記念物指定名称だと思うが、私は、どうも「一本スギ」の記法に馴染むことができない
注2)環境庁「日本の巨樹・巨木林 東海版」による





 国道256号の北に、一本杉が立っている。周囲には背の高い建物がないので、近くまで行くと自然に視界に現れる。
 案内板によれば、天慶元年(938)、国津明神(くづみょうじん)が鎮座する際、参道入口の両側に一対のスギを植えた。しかし東側のスギは枯れてしまい、一本杉になったという伝承があるらしい。ならば、樹齢は千年を超えることになる。また、別の伝承では、建治元年(1275)、地頭橘頼綱が植えたともいう。
 戸隠神社は、かつては和良保の総社で、九頭宮(くずのみや)と呼ばれていた。戸隠神社への改称は、明治7年(1874)のことである。音が一致する久津八幡宮(下呂市上呂、国天然記念物の大杉がある)と、何らかの関係があるのだろうか。
 神社の社叢もなかなか立派で、そちらも県天然記念物だが、一本杉だけ少し離れているので、別個に指定された。
 御神木ゆえ、枝払いをしていない。もちろん枯れ枝は取り除かれているけれども、低い位置から頂部まで、しっかりと枝をつけている。
 水田の端にあって、栄養も十分なのかも知れない。勢いも姿も良い大杉である。
 
ボタン:岐阜県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る