ページタイトル(大崎のてんまる杉) サイトのシンボル

画像:大崎のてんまる杉(全景)

画像:大崎のてんまる杉(幹と並ぶ)
名称 大崎のてんまる杉 (おおさきのてんまるすぎ)
名称の典拠 現地の案内板(注1)
樹種 スギ
樹高 25m(注2)
目通り幹囲 5.2m(注2)
推定樹齢 300年以上(注2)
所在地の地名 新潟県南魚沼市大崎(注3)
 
〃 3次メッシュコード 5538−57−55
 
〃 緯度・経度 北緯37度07分44.6秒
           東経138度56分16.8秒
大和町指定天然記念物(1981年3月30日)(注3)
撮影年月日 2003年5月5日

注1)大和町教育委員会が設置(設置年月不詳)。ただし2001年に新潟県が刊行した「レッドデータブックにいがた」では「大崎一本杉」とされている。天然記念物の名称としては、そちらの方が正式なのかも知れない
注2)環境庁「日本の巨樹・巨木林 甲信越・北陸版」による
注3)平成16年(2004)11月1日、大和町・六日町の2町が合併して南魚沼市誕生。旧行政区は南魚沼郡大和町





 大崎トンネルを抜けた国道291号が、大崎集落の中を通ってきた旧道と、集落の南西端で出会う。ちょうどそこに「てんまる杉」が立っている。
 名の由来がわからなかったので、非礼を省みず問い合わせてみたところ、大和町公民館の方から丁寧なご回答をいただいた。
 もとは樹形がまんまるだったため、「てまり」→「てんまり」→「てんまる」と転じたということで納得。そういえば、すっかり枝が少なくなってしまった今の姿だが、まんまるだった姿が想像できなくもない。
 
ボタン:新潟県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る