ページタイトル(新海三社神社のサワラ) サイトのシンボル

画像:新海三社神社のサワラ

画像:新海三社神社のサワラ(幹と並ぶ)

画像:新海三社神社三重塔
名称 新海三社神社のサワラ
   (しんがいさんしゃじんじゃのさわら)
名称の典拠 なし (私が勝手に命名)
樹種 サワラ
樹高 18m(注1)
目通り幹囲 5.8m(注1)
推定樹齢 200〜299年(注1)
所在地の地名 長野県佐久市田口(注2)
 〃 3次メッシュコード 5438−24−31
 
〃 緯度・経度 北緯36度11分44.7秒
           東経138度30度43.8秒
記念物指定等 なし
撮影年月日 2002年5月12日

注1)環境庁「日本の巨樹・巨木林 甲信越・北陸版」による
注2)2005年4月1日、佐久市に編入合併。旧行政区は南佐久郡臼田町





 新海三社神社の御神木。拝殿に向かって右手前に立つ。対をなす左手前はケヤキ。どちらの幹にも御神籤が結びつけられている。
 このほかにもスギ、ケヤキなどの巨木が多く、境内はまるで巨木の林である。
 社殿の東、少し離れたところに、国指定重要文化財の三重塔が建っている。神仏習合時代の名残りである。明治の廃仏毀釈の嵐の中で、取り壊されずに残ったのは幸いだった。
 
ボタン:長野県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る