ページタイトル(坂上の大杉) サイトのシンボル

画像:坂上の大杉(幹と並ぶ)

画像:坂上の大杉
名称 坂上の大杉 (さかうえのおおすぎ)
名称の典拠 現地の案内板(注1)
樹種 スギ
樹高 40m(注2)
目通り幹囲 11.0m(注3)
推定樹齢 伝承700年(注4)
所在地の地名 富山県南砺市利賀村坂上(注5)
 
〃 3次メッシュコード 5437−50−00
 〃 緯度・経度 北緯36度25分27秒
           東経137度00分23秒
富山県指定天然記念物(1967年9月26日指定)
撮影年月日 2003年5月17日

注1)設置者・設置年月日とも不詳。多分、富山県教育委員会が設置したと思われる
注2)環境庁「日本の巨樹・巨木林 甲信越・北陸版」による
注3)同上。ただし現地の案内板は8.4mとしている。私の目測値も8.7mでこちらに近い(私の目測法はここ
注4)同上。現地の案内板は600年としている
注5)平成16年(2004)11月1日、8町村が合併して南砺市誕生。旧行政区は東礪波郡利賀村





 坂上八幡宮の御神木。
 周囲を圧する堂々たる巨木だが、寄る年波には勝てないらしい。樹皮の剥離が目立ち、樹脂で保護した上に他の杉の木の皮を貼り付けてカモフラージュしている状況。上部の幹は裂けてしまわぬよう、ロープで結んである。現地の案内板に「幹・枝ともに殆んど無傷で、樹勢が今も旺盛な発育をつづけて」いると記されているのに、である。
 何らかの原因で、近年とくに弱ってきているのだろうか。
 
ボタン:富山県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る