ページタイトル(親鸞上人乳銀杏) 当サイトのシンボル

画像:親鸞上人乳銀杏(幹と並ぶ)

画像:親鸞上人乳銀杏


画像:弘智堂

 弘智堂とその内部(1995年9月19日撮影)

画像:弘智堂内部
名称 親鸞上人乳銀杏
   (しんらんしょうにんちちいちょう)
名称の典拠 現地の案内板(注1)
樹種 イチョウ
樹高 28m(注2)
目通り幹囲 11.5m(注3)
推定樹齢 伝承800年(注2)
所在地の地名 新潟県長岡市寺泊野積(注4)
 〃 3次メッシュコード 5638−46−33
 〃 緯度・経度 北緯37度41分44.8秒
           東経138度47分43.9秒
寺泊町指定天然記念物(1981年4月1日指定)(注4)
撮影年月日 2002年6月1日(初掲写真)
        2010年7月3日(掲載写真)
注1)設置者及び設置年月不詳だが、所有者の西生寺(さいしょうじ)が設置したと思われる。ただし、天然記念物指定名称は「西生寺の大銀杏」である
注2)環境庁「日本の巨樹・巨木林 甲信越・北陸版」による
注3)同上。ただし、実状はこれほど太くはない。新潟県緑化推進委員会「にいがた巨樹・名木100選」では8.3m。私の目測値もこれに近い
注4)2006年1月1日、長岡市に合併。旧行政区は三島郡寺泊町





 真言宗智山派の名刹海雲山滝泉院西生寺境内に立つ。
 西生寺は弘智上人の即身仏で知られる。弘智法印は下総国香取郡正木郷の生まれ。具戒修学の後、奥州・出羽を巡り、北陸道を経て高野山に登らんとしたが、弥彦神社を拝し、猿ヶ馬場の岩坂にて深入禅定の座を占め、貞治2年(1363。正平18年と同年)に入滅した。辞世は「いはさかのあるしはたそと人とはゝ墨絵にかきし松風のおと」。現代仮名遣いで記せば「岩坂の主は誰ぞと人問わば、墨絵に描きし松風の音」になろうか。
 即身仏になるのは簡単ではない。何ヶ月もの間、光のない地中の穴底で、身動きも出来ず、ジッと耐えていなければならない。協力者も必要だ。並大抵の意志で貫徹できるものではない。辞世は、人の生の儚さを歌うことで、むしろ自身のくじけそうになる意志を鼓舞しようとしたものか。いずれにしろ、私のような凡人に、弘智法印の心など理解するべくもない。
 即身仏は、現在、イチョウの前に建てられた弘智堂に安置されている。私も拝観させていただいた。身を屈していることもあるが、ずいぶん小さなお姿である。松尾芭蕉も対面したことが、曾良の「奥の細道随行日記」に記されているそうである(当時は違う場所に安置されていた)。良寛も見ている。
 親鸞上人の伝説は、弘智法印よりさらに時代を遡る。
 越後流罪の折りの正元2年(1260)、親鸞上人は西生寺に参籠された。その際、一信者が記念に作って呈上した杖を、吾の代わりにと地面に挿して行かれた。それが根付いたのがこの大イチョウだという。(ならば伝承樹齢は740年ということになるはずだが、細かいことは詮索しまい)
 高台の弘智堂前、斜面の縁に立つため、門前からよく見える。境内は自然をよく残している。この大イチョウをはじめ、紅葉の頃はさぞかし美しく彩られることだろう。
 
ボタン:新潟県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る