ページタイトル(西平のカヤ) サイトのシンボル

画像:西平のカヤ(全景/幹と並ぶ) 名称 西平のカヤ
    (にしだいらのかや)
名称の典拠 なし(注1)
樹種 カヤ
樹高 16m(注2)
目通り幹囲 6.6m(注2)
推定樹齢 1000年(注3)
所在地の地名 埼玉県比企郡ときがわ町西平(注4)
 
〃 3次メッシュコード
        5339−71−89
 
〃 緯度・経度
        北緯35度59分43.3秒
        東経139度14分30.9秒
画像:西平のカヤ 埼玉県指定天然記念物
撮影年月日 2005年1月8日(左写真)
        2011年4月24日


注1)天然記念物指定名称は、単に「カヤ」。それでは味気ないので、所在地名を冠した
注2)環境庁「日本の巨樹・巨木林 関東版(U)」による
注3)現地の石造案内板による
注4)2006年2月1日、ときがわ町誕生。旧行政区は比企郡都幾川村





 児持杉の萩日吉神社の西を通り、山道に入って間もなく、左手に幅1.5mほどの歩道が切られている。四駆の軽トラなら進入できるかも知れないが、止した方が無難だ。「大カヤ」という標識もあるのだが、向きが悪く、自動車の運転席からは、文字が見えない。
 歩くこと約5分。すばらしい大カヤが出迎えてくれた。
 周辺のスギが切り払われ、周囲には十分過ぎるほどの空間。カヤの横枝が十分に広がっていることから判断すると、かなり以前から、人がカヤのための空間を確保してやっていたようだ。
 風のない時の冬の林内は、全くの静謐な空間である。しばらく無音と大カヤの雄姿を満喫してから帰途についた。
 
ボタン:埼玉県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る