ページタイトル:中之条道祖神のケヤキ ロゴ:人里の巨木たち

画像:中之条道祖神のケヤキ 名称 中之条道祖神のケヤキ
    (なかのじょうどうそじんのけやき)
名称の典拠 なし
樹種 ケヤキ
樹高 13m(注1)
目通り幹囲 5.1m(注2)
推定樹齢 300年以上(注1)
所在地の地名 長野県上田市中之条
 〃 3次メッシュコード 5438−41−78
 〃 緯度・経度 北緯36度23分52.9秒
           東経138度13分50.0秒
天然記念物指定 なし
撮影年月日 2016年8月7日

注1)環境庁「日本の巨樹・巨木林 甲信越・北陸版」による
注2)地表面から1.3mの高さにおける幹囲を実測





 エンジュ巨木を訪ねた宮川神社から南の方を見たら、生活道路の脇に1本の大ケヤキが見えた。探訪予定になかったケヤキである。
 ケヤキは上田市指定保存樹で、ケヤキの横に簡単な説明があった。それに記された幹囲は424cm。対峙した印象では、それよりずっと大きい。実際に測ってみたところ、514cmの値を得た。
 上田市から保存樹指定を受けたのが昭和50年(1975)。説明板の数値はそのときの測定値である可能性が高い。私が訪ねたのは41年後の平成28年(2016)。その間に90cmも幹囲が増えたのだとしたら、すばらしい生長量である。
 根元に、道祖神の石塔があった。それで上記のように名付けてみたが、「大字中之条にあって、道祖神が目印のケヤキ」という意味であって、「中之条道祖神」という名前の道祖神があるわけではないので、お間違いなく。
ボタン:長野県(東信)の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る