ページタイトル:中居のタブノキ ロゴ:人里の巨木たち

画像:中居のタブノキ 名称 中居のタブノキ (なかいのたぶのき)
名称の典拠 なし
樹種 タブノキ
樹高 10m(注1)
目通り幹囲 6.1m(注1)
推定樹齢 300年以上(注1)
所在地の地名 茨城県鉾田市中居(注2)
 〃 3次メッシュコード 5440−04−95
 〃 緯度・経度 北緯36度04分40.8秒
           東経140度33分59.9秒
天然記念物指定 なし
撮影年月日 2015年5月18日

注1)環境庁「日本の巨樹・巨木林 関東版(T)」による
注2)2005年10月11日、鹿島郡内の1町2村が合併して鉾田市誕生。旧行政区は鹿島郡大洋村





 お葉付イチョウが立つ照明院阿弥陀堂の南西150mほどの畑地の中に、数本のタブノキから成る樹林が見えた。
 近づいてみると、そこは農家のお屋敷の入口であり、入口の脇には氏神様らしいお社(やしろ)があった。
 左図のタブノキは、お社の横に立っている。
 恐らく合体木であるが、全体としてはかなりの幹周りとなる。多分、これが環境省巨樹データベースに幹周605cmとあるタブノキだと思われる。(同DBでは調査年を2000年としているが、1988年に報告されたデータをそのまま踏襲しているようだ)
 幹の1本ずつを見れば、遠くから目立つ、背の高いタブノキと太さがそう変わらない。これらはみな、ほぼ同樹齢なのかも知れない。
ボタン:茨城県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る