ページタイトル:長岡神社のケヤキ 当サイトのシンボル

画像:長岡神社のケヤキ 名称 長岡神社のケヤキ (ながおかじんじゃのけやき)
名称の典拠 なし
樹種 ケヤキ
樹高 23m(注1)
目通り幹囲 6.3m(注1)
推定樹齢 300年以上(注1)
所在地の地名 滋賀県米原市長岡(注2)
 
〃 3次メッシュコード 5336−02−29
 
〃 緯度・経度 北緯35度21分39.7秒
           東経136度22分17.3秒
天然記念物指定 なし
撮影年月日 2009年5月10日

注1)環境庁「日本の巨樹・巨木林 近畿版」による
注2)2005年2月14日、坂田郡内の3町が合併して米原市誕生。旧行政区は坂田郡山東町





 長岡の町並みは、JR東海道本線近江長岡駅の西に広がる。
 町の中心を、天野川が、緩やかに蛇行しながら流れている。県道天野川橋の上から西を見ると、右岸に大きなイチョウが見える。そこが長岡神社だ。
 境内に一歩足を踏み入れると、拝殿の横に、このケヤキが見える。
 イチョウの陰に隠れてしまいがちだが、なかなかどうして。切り詰められた枝も多く、遠目には目立たないが、樹齢相応の面構えと逞しさを感じさせてくれる大ケヤキである。
 
ボタン:滋賀県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る