ページタイトル:神峯神社の大樟 当サイトのシンボル

画像:神峯神社の大樟(幹と並ぶ) 名称 神峯神社の大樟
    (こうのみねじんじゃのおおくす)
名称の典拠 現地の案内板(注1)
樹種 クスノキ
樹高 32m(注2)
目通り幹囲 11.4m(注2)
推定樹齢 伝承900年(注2)
所在地の地名 高知県安芸郡安田町唐浜(とうのはま)
 〃 3次メッシュコード 5033−17−58
 〃 緯度・経度 北緯33度28分06秒
           東経133度58分30秒
高知県指定天然記念物(1955年8月19日指定)
撮影年月日 2012年3月24日

注1)高知県緑化推進委員会と神峯神社が連名で設置(設置年月不詳)
注2)環境庁「日本の巨樹・巨木林 中国・四国版」による





 四国88箇所第27番札所神峯寺から神峯神社に至る参詣道を歩いて行くと、神社のすぐ下、向かって左手の樹林内に、このクスノキが立っている。
 根元付近の黒々した樹皮だけ見れば、一見してクスノキと気付かないかも知れない。
 案内板によると、明治7年(1874)に表土が動き、クスノキの根元を6mほど埋めてしまったらしい。その後、昭和28年(1953)になってから3mほど掘り出したのが今の姿だという。80年近くを土中にあり、表皮が変色してしまったのだろう。
 記述が正しければ、さらにもう少し掘ってみないと本来の地際の様子がわからないことになるが、2本の合体木ではないかとも思われる。
 
ボタン:高知県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る