ページタイトル:結東のカツラ ロゴ:人里の巨木たち

画像:結東のカツラ(幹と並ぶ) 名称 結東のカツラ (けっとうのかつら)
名称の典拠 なし
樹種 カツラ
樹高 17m(注1)
目通り幹囲 10.5m(注1)
推定樹齢 不明
所在地の地名 新潟県中魚沼郡津南町結東
 〃 3次メッシュコード 5538−25−91
 〃 緯度・経度 北緯36度55分11秒
           東経138度38分14秒
天然記念物指定 なし
撮影年月日 2015年10月18日

注1)「Forest & Tree」による





 津南町大割野から国道405号で中津川の谷を遡る。
 405号は、はじめのうち、段差200mほどもある河岸段丘の低面を走る。
 低い側からは、河岸段丘を認識しにくいものだ。特に川の対岸に見える断崖は険しくて、異郷の人には、その上に水平面があり、広大な水田が広がっているとは思いもよらないことだろう。(時間があったら、いずれかの道で上面に登ってみると、新鮮な感動を得られると思う)
 そのうち国道は、狭い谷に入る。清水川原橋を渡って右岸側から左岸側に移ると、1kmほどで結東(けっとう)の集落である。
 集落の入口近く、山側に鳥居が見える。そこにこのカツラが立っている。
 神社境内であることは間違いないのだが、社号の確認を忘れたので、標記のように名付けた。(秋山郷では神社の殆どが十二社である。ここも多分、十二社だと思うのだが…)
 株立ちのカツラで、枯れた幹も多い。全盛期に比べれば、生命の規模がかなり小さくなってしまったようだ。
 しかし、根株は大きい。カツラならではの姿である。
ボタン:新潟県(中越)の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る