ページタイトル(風巻神代桜) サイトのシンボル

画像:風巻神代桜_1 名称 風巻神代桜
    (かざまきじんだいざくら)
名称の典拠 現地の案内板(注1)
樹種 エドヒガン(注2)
樹高 30m(注3) 
目通り幹囲 5.2m(注3)
推定樹齢 200〜299年(注3)
所在地の地名 新潟県上越市三和区岡田(注4)
 〃 3次メッシュコード 5538−53−41
 
〃 緯度・経度 北緯37度07分13.7秒
           東経138度23分09.5秒
三和村指定天然記念物(1994年10月20日指定)(注4)
撮影年月日 2002年4月14日(左写真)
        2012年4月25日(満開)


 
画像:風巻神代桜_2 注1)三和村の記念物指定名称は単に「エドヒガン」だが、それでは味気ないので、( )内に記されていた通称を採用した
注2)1991年の環境庁調査記録ではヤマザクラとされているが誤り
注3)環境庁「日本の巨樹・巨木林 甲信越・北陸版」による
注4)2005年1月1日、広域市町村合併により上越市に編入。旧行政区は中頸城郡三和村





 風巻神社の社叢中の1本。とは言っても社殿からはずいぶん離れていて、歩いてゆくと、いかに境内が広大であるか、思い知らされる。
 途中までは車でも行けるが、最後は歩かなくてはならない。たくさんの荷物を抱えてここまで宴会にやってくる人は、あまりなさそうだ。花の頃には周囲も良く整備されるが、ぽつんと独立木であることもあって、花見客はあまりいないようである。
 この日も、日曜日にもかかわらず、静寂のなか、1対1で桜と対峙できた。
 
ボタン:新潟県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る