ページタイトル(観音寺の大ケヤキ) サイトのシンボル

画像:観音寺の大ケヤキ

画像:観音寺山門
名称 観音寺の大ケヤキ (かんのんじのおおけやき)
名称の典拠 「レッドデータブックにいがた」(注1)
樹種 ケヤキ
樹高 22m(注2)
目通り幹囲 6.3m(注2)
推定樹齢 300年以上(注2)
所在地の地名 新潟県阿賀野市草水(くそうず)(注3)
 〃 3次メッシュコード 5639−42−91
 
〃 緯度・経度 北緯37度44分57秒
           東経139度15分42秒
安田町指定天然記念物(1987年12月1日指定)(注4)
撮影年月日 2003年5月10日

注1)新潟県が2001年に刊行
注2)環境庁「日本の巨樹・巨木林 甲信越・北陸版」による
注3)平成16年(2004)4月1日に4町村が合併して阿賀野市誕生。旧行政区は北蒲原郡安田町
注4)これは安田町教育委員会が設置した現地の標柱による。1999年に新潟県緑化推進委員会が刊行した「にいがた巨樹・名木100選」は指定日を1987年11月20日としている)





 臨澤山観音寺は、応仁2年(1468)創建と伝える曹洞宗の名刹。以前は、一段高い境内から、遠く阿賀野川を望めたということだが、磐越自動車道が視界を遮ってしまった。
 慶応4年(1868)の戊辰戦争では、草水赤坂に陣どる会津藩兵を攻めるため、官軍は草水に放火した。この赤坂攻防は12日間も続いた。伽藍は焼失してしまったが、そのときの弾痕が今もこのケヤキに残っているという。
 ケヤキは、もっとも太い幹を失い、衰退期に入ったことは否めないようだ。
 
ボタン:新潟県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る