ページタイトル:井光神社のスギ 当サイトのシンボル

画像:井光神社のスギ(全景) 名称 井光神社のスギ (いかりじんじゃのすぎ)
名称の典拠 なし
樹種 スギ
樹高 33m(注1)
目通り幹囲 5.6m(注1)
推定樹齢 200〜299年(注1)
所在地の地名 奈良県吉野郡川上村井光
 〃 3次メッシュコード 5136−30−80
 〃 緯度・経度 北緯34度19分34.5秒
           東経136度00分20.2秒
天然記念物指定 なし
撮影年月日 2009年6月14日

注1)2000年に実施された環境省フォローアップ調査による





 井光(いかり)は、急勾配の斜面上に築かれた集落である。そのほぼ中央に井光神社が鎮座している。
 祭神は井氷鹿(いひか)。集落名の井光にも通ずる。
 記紀によれば、神武天皇による大和平定の際、光る井戸から出て来て、吉野国の神だと名乗ったのが井氷鹿(井光)だという。そんな神社が鎮座し、集落名にその名を残している場所なのだ。
 社殿の先に、写真の大杉が立っている。
 残念ながら、フェンスがあって近づくことは出来ない。
 一見して、データほどの幹囲はないように思ったが、そんなわけで、確認することはできなかった。
 
ボタン:奈良県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る