ページタイトル:東塚のキクザクラ 当サイトのシンボルマーク

画像:東塚のキクザクラ_1

画像:東塚のキクザクラ_2
 花はまだ蕾(つぼみ)
名称 東塚のキクザクラ (ひがしつかのきくざくら)
名称の典拠 なし
樹種 キクザクラ
樹高 不明 (低い)
目通り幹囲 4.6m(注1)
推定樹齢 不明
所在地の地名 新潟県糸魚川市東塚
 〃 3次メッシュコード 5537−47−28
 〃 緯度・経度 北緯37度01分16.6秒
           東経137度58分24.0秒
天然記念物指定 なし
撮影年月日 2020年4月16日

注1)にいがた緑の百年物語緑化推進委員会のウェブサイトによる





 早川(はやかわ)の谷を河口から約7km。切込橋(きりこみばし)の南方高台の集落が東塚である。
 上記「にいがた緑の百年物語」サイトで存在を知り、高田公園の桜も終わる頃、花にはまだ少し早いかとは思いつつ、東塚に桜を訪ねた。
 集落内を走り回ってみたが見つからず、畑仕事をしておられた方から所有者の家を教えていただき(道路からは少しだけ引っ込んでいる)、サクラと対面。奥様に撮影許可を得て撮影を開始した。
 この奥様がとても気さくな方で、いろいろなことを教えて下さった。前に訪ねてきた人の話では、このサクラはキクザクラだとこと。その人が数えたところでは、一つの花に百枚以上の花弁があったそうである。
 実を言うと、ヤエザクラとかキクザクラというのは樹種名ではない。八重咲きになったり菊咲きになったりするサクラの総称である。種名としてはエドヒガンであったり、サトザクラであったり、ヤマザクラであったりと様々なようだが、私には見分けられそうにないので、「キクザクラ」の名前で紹介させていただく。(エドヒガンではなさそうだが)
 このサクラにはどんな花が咲くのだろうか。
 開花時にまた再訪させていただくことを約束して帰宅したところ、コロナ・ウィルスによる緊急事態宣言が全都道府県に波及、翌日から外出自粛に。
 帰り際にいただいた塩麹漬けワサビ(自家製)のお返しもせぬまま、来年まで待つことになってしまった。
ボタン:新潟県(上越)の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る