ページタイトル:八田新保白山神社大スギ サイトのシンボル

画像:八田新保白山神社大スギ 名称 八田新保白山神社大スギ
    (はったしんぼはくさんじんじゃおおすぎ)
名称の典拠 現地の標柱(注1)
樹種 スギ
樹高 40m(注2)
目通り幹囲 5.9m(注2)
推定樹齢 200〜299年(注2)
所在地の地名 福井県丹生郡越前町八田新保(注3)
 
〃 3次メッシュコード 5336−70−18
 
〃 緯度・経度 北緯35度55分51.8秒
           東経136度05分56.1秒
宮崎村指定天然記念物(1976年11月3日指定)
撮影年月日 2007年5月26日

注1)宮崎村教育委員会が設置(原文は「八田新保白山神社大すぎ」と平仮名)
注2)環境庁「日本の巨樹・巨木林 甲信越・北陸版」による
注3)2005年2月1日、丹生郡内の4町村が合併して越前町誕生。旧行政区は丹生郡宮崎町





 蛍ヶ宮の大カツラから、国道365号を織田町に向かう途中、国道の北に八田新保の白山神社が鎮座している。
 鳥居の背後に立つ大杉がこれ。国道からは神社がよく見えないが、大杉の姿はよく見える。
 地上8mほどで2幹に分かれている。横枝を整理されて、全体に細長い姿だ。
 が、残された枝には緑濃い葉がびっしり繁り、樹勢は良いようだ。
 
ボタン:福井県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る