ページタイトル:長円寺のトチノキ 当サイトのシンボル

画像:長円寺のトチノキ(幹と並ぶ) 名称 長円寺のトチノキ (ちょうえんじのとちのき)
名称の典拠 なし
樹種 トチノキ
樹高 20m(注1)
目通り幹囲 5.0m(注2)
推定樹齢 200〜299年(注3)
所在地の地名 長野県茅野市玉川(穴山)
 〃 3次メッシュコード 5338−71−76
 〃 緯度・経度 北緯35度59分05.5秒
           東経138度12分18.0秒
天然記念物指定 なし
撮影年月日 2017年4月23日
注1)環境省巨樹データベース(2000年フォローアップ調査)による
注2)地表面から1.3mの高さにおける幹囲を実測
注3)環境庁「日本の巨樹・巨木林 甲信越・北陸版」による





 天然記念物のモクゲンジが立つ長円寺からは、全部で4本の巨木が環境省巨樹データベースに登録されている。(モクゲンジは幹囲3m未満のため未登録)
 それらの中で最大の樹木がトチノキ。長円寺を去る前に一応確認しておくつもりだった。
 環境省の幹囲データは446cm。しかし、対峙した印象ではもっと大きそうだ。実測してみたら、502cmあった。
 まるで狐につままれたようである。何故なら、1988年の報告値である旧環境庁資料でこのトチノキは374cmとされていた。2000年データはちょっとサバ読みなのではないかと思っていたからである。
 それが実際はもっと遙かに大きかった。この生長速度には驚かざるを得ない。
 この幹囲増加率から計算される年輪間隔は3mm強。葉を十分につけた健康なトチノキは、これほど急激に大きくなるものなのだ。認識を新たにさせられた。
 叶うことなら、あと10年か20年たって、今度は葉のある時期に、また訪ねたいものだ。
ボタン:長野県(南信)の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る