ページタイトル:簗瀬王子神社のムクノキ 当サイトのシンボル

画像:簗瀬王子神社のムクノキ(幹と並ぶ) 名称 簗瀬王子神社のムクノキ
    (やなぜおうじじんじゃのむくのき)
名称の典拠 現地の標柱(注1)
樹種 ムクノキ
樹高 20m(注2)
目通り幹囲 6.0m(注2)
推定樹齢 300年以上(注2)
所在地の地名 島根県邑智郡美郷町簗瀬(注3)
 〃 3次メッシュコード 5232−44−44
 〃 緯度・経度 北緯35度02分21.3秒
           東経132度33分22.9秒
美郷町指定天然記念物(2002年12月26日指定)
撮影年月日 2011年8月21日

注1)旧邑智町教育委員会が設置(設置年月不詳)
注2)環境庁「日本の巨樹・巨木林 中国・四国版」による
注3)2004年10月1日、隣接する大和村と合併して美郷町に。旧行政区は邑智郡邑智町





 美郷町役場の近くから、江の川に沿って上流を目指す県道が40号(川本波多線)である。
 初めは左岸側を走っているが、JR石見簗瀬駅の手前で橋を渡って右岸に移る。駅を過ぎると、流れに沿って緩く左にカーブし、県道は線路を跨ぐが、そのあたりで、高台に立つムクノキの姿が見える。
 とは言っても、もう小枝が辛うじて生命を繋ぐのみなので、樹冠は小さい。かなり衰えが目立ってきている。
 せっかく天然記念物にも指定されたのだから、根元付近の力強い姿を、少しでも長く保ってもらいたいものだ。
 王子神社の神木とされているようだ。
 
ボタン:島根県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る