ページタイトル(上畠神明宮の大杉) サイトのシンボル

画像:上畠神明宮の大杉

画像:上畠神明宮の大杉(幹と並ぶ)
名称 上畠神明宮の大杉
   (うえばたけしんめいぐうのおおすぎ)
名称の典拠 なし (私が勝手に命名)
樹種 スギ
樹高 25m(注1)
目通り幹囲 8.6m(注1)
推定樹齢 200〜299年(注1)
所在地の地名 富山県南砺市利賀村上畠(注2)
 
〃 3次メッシュコード 5437−50−11
 
〃 緯度・経度 北緯36度26分02秒
           東経137度00分51秒
天然記念物指定等 なし
撮影年月日 2003年5月17日

注1)環境庁「日本の巨樹・巨木林 甲信越・北陸版」による
注2)平成16年(2004)11月1日、8町村が合併して南砺市誕生。旧行政区は東礪波郡利賀村





 上畠集落の中を縫って高度が高い方に移動してゆくと、集落のはずれあたりに神明宮がある。
 大杉は、境内を流れる小さな川のほとりに立っている。水平な境内面の端。その先は急斜面で小川の谷に落ちている。
 姿は明らかに立山杉(ウラスギ)である。
 地際から分かれた幹の1本が枯れて無くなって、その跡がぽっかりと空いている。今のところは腐朽が進んでいるようにも見えないが、このままにしておいても大丈夫なのだろうか。
 いくら巨木とはいえ、いずれは朽ち果てて死ぬ運命にある。「それが自然の摂理というものだ」という考えもわからぬではないが、日本からこれだけ巨木が少なくなってしまった今、やはり多少の特別扱いは必要ではなかろうか。
 
ボタン:富山県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る