ページタイトル(鳥出神社のケヤキ) サイトのシンボル

画像:鳥出神社のケヤキ

画像:鳥出神社のケヤキ(幹と並ぶ)

名称 鳥出神社のケヤキ (とりでじんじゃのけやき)
名称の典拠 現地の案内板(注1)
樹種 ケヤキ
樹高 32.4m(注2)
目通り幹囲 9.2m(注2)
推定樹齢 伝承1400年(注3)
所在地の地名 長野県飯山市下木島
 〃 3次メッシュコード 5538−23−21
 〃 緯度・経度 北緯36度51分34.1秒
           東経138度23分20.5秒
長野県指定天然記念物(1969年8月26日指定)(注4)
撮影年月日 2001年11月4日

注1)長野県教育委員会・飯山市教育委員会が設置(設置年月不詳)
注2)現地の説明板による
注3)環境庁編「日本の巨樹・巨木林 甲信越・北陸版」による
注4)2006年1月、積雪の重みで幹本体の3分の2以上が倒伏。その後、天然記念物指定は解除された。(2013.01.09追記)




 鳥出神社の御神木。境内の真ん中にデンと突っ立っている。
 案内板には昭和40年代に調査された際の数値も掲載され、それによれば、目通りは8.2mだったという。平成元年の環境庁調査では9.0m(注3)であるから、これらがいずれも正しければ、今も着実に成長していることになる。たいした生命力だ。
 しかし、逆に意地悪な見方をすれば、それだけの成長力で1400年も育って9m程度というのは計算が合わない。樹齢は500年をそんなに超えていないのではなかろうか。
 長野県はケヤキの巨樹たちの宝庫である。これだけの巨木であるが、(1988年の環境庁調査時点で)長野県内のケヤキでは第9位に甘んじている。

 
ボタン:長野県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る