ページタイトル:多和目のカゴノキ 当サイトのシンボル

画像:多和目のカゴノキ(幹と並ぶ)

画像:多和目のカゴノキ
名称 多和目のカゴノキ (たわめのかごのき)
名称の典拠 なし(注1)
樹種 カゴノキ
樹高 15m(注2)
目通り幹囲 4.7m(注2)
推定樹齢 800年(注3)
所在地の地名 埼玉県坂戸市多和目
 〃 3次メッシュコード 5339−72−07
 〃 緯度・経度 北緯35度55分22.8秒
           東経139度20分34.9秒
坂戸市指定天然記念物(1984年8月27日指定)
撮影年月日 2011年4月24日

注1)天然記念物指定名称は「カゴノキ(鹿の子木)」
注2)環境庁「日本の巨樹・巨木林 関東版(U)」による
注3)現地の案内板(2003年12月に坂戸市教育委員会が設置)による





 多和目(たわめ)は坂戸市の南端。日高市田波目(たばめ)と隣接している。「たわめ」と「たばめ」。今は発音が違うけれども、同じ由来をもつ地名だと思われる。
 閑話休題。
 坂戸市多和目の天神社境内に、関東地方第一(2011年5月現在、環境省巨樹データベースによる)のカゴノキ巨木がある。
 ここでは「鹿の子木(かのこぎ)」と呼ばれているようだが、その意味は同じ。子鹿のような斑点模様が幹に現れることから名付けられた名が「鹿子の木(かごのき)」だというのが定説。「子鹿の木(こがのき)」と呼ぶ地方もある。
 2本の合体木の可能性もあるが、まだ若々しく、樹勢が良い。樹高は低いが、大枝を思いきり横に広げ、大きな樹冠を戴いている。このような木は、見ていて気持ちが良い。
 まだまだ大きくなるだろうと思われる。
 
ボタン:埼玉県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る