ページタイトル:宍喰八幡神社のクスノキ 当サイトのシンボル

画像:宍喰八幡神社のクスノキ(幹と並ぶ) 名称 宍喰八幡神社のクスノキ
    (ししくいはちまんじんじゃのくすのき)
名称の典拠 なし
樹種 クスノキ
樹高 15m(注1)
目通り幹囲 6.1m(注1)
推定樹齢 不明
所在地の地名 徳島県海部郡海陽町久保(注2)
 〃 3次メッシュコード 5034−22−84
 〃 緯度・経度 北緯33度34分11.2秒
           東経134度18分12.5秒
天然記念物指定 なし
撮影年月日 2012年3月24日

注1)環境庁「日本の巨樹・巨木林 中国・四国版」による
注2)2006年3月31日、海部郡内の3町が合併して海陽町誕生。旧行政区は海部郡宍喰町





 道の駅「宍喰温泉」がある国道55号から400mほど西に入った山裾に、八幡神社が鎮座している。
 クスノキは境内に入ってすぐ右手。
 地表近くが膨らんで、樹皮の色が変化している。そして根は、凹凸のある一枚の板のような姿で地表を覆っている。その外周を測れば、かなりの長さになる。
 根元のボリューム感と、板状に広がる根。そのあたりが、このクスノキの魅力だと言っていいのではなかろうか。 
 
ボタン:徳島県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る