ページタイトル(日吉神社の大クス) サイトのシンボル

画像:日吉神社の大クス

画像:日吉神社の大クス(幹と並ぶ)

画像:大クスと鳥原神社
名称 日吉神社の大クス
    (ひよしじんじゃのおおくす)
名称の典拠 「新城設楽の大きな木と特色のある森」(注1)
樹種 クスノキ
樹高 27m(注2)
目通り幹囲 10.4m(注2)
推定樹齢 800年以上(注3)
所在地の地名 愛知県新城市日吉字宮ノ腰(鳥原)
 
〃 3次メッシュコード 5237−24−72
 
〃 緯度・経度 北緯34度53分54.0秒
           東経137度31分30.6秒
新城市指定天然記念物(1958年4月1日指定)
撮影年月日 2007年2月3日


注1)愛知県公式HP中のサイト。天然記念物指定名称は単に「大樟」。それでは味気ないので、こちらで見つけた名前をいただいた
注2)環境庁「日本の巨樹・巨木林 東海版」による
注3)上記サイトによる





 大クスの日吉神社は鳥原集落に鎮座している。大字日吉に2社、隣接する吉川にも日吉神社があり、紛らわしい。
 祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)。かつては南方の風切山(356m)中腹にあって「三王大権現」と称していたが、のち現在地に移り、明治元年(1868)、日吉神社に名を改めた。(平凡社「愛知県の地名」による)
 その境内、拝殿の左斜め後方(向かって右)に、鳥原神社の本殿が建っている。案内板によれば、戦争で生命を捧げた郷土出身の英霊を祭神として祀り、日吉神社の末社としたものらしい。社殿は小振りだが、しっかりした造りである。
 その後方に、標記の大クスが立っている。大クスの方が、鳥原神社よりもかなり先輩である。英霊の鎮座地として、大クスの近くにあたるこの場所が選ばれたわけだ。
 地上4mほどで数幹に分かれていたようだが、1本を残して他は既に失われた。折れた痕は朽ちるにまかせられ、腐朽は根元にまで及んでいる。姿が痛々しい。
 幸い、残った1本は健全そうだ。重量バランスが崩れてしまったため、体を支柱にあずけてはいるが、勢いは悪くない。
 いずれ根元付近の姿が変わってしまうだろうが、しっかり頑張って、大クスの記憶を継承してもらいたいものだ。
 
ボタン:愛知県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る