ページタイトル:篠原共同墓地のケヤキ ロゴ:人里の巨木たち

画像:篠原共同墓地のケヤキ(幹と並ぶ) 名称 篠原共同墓地のケヤキ
    (しのはらきょうどうぼちのけやき)
名称の典拠 なし
樹種 ケヤキ
樹高 不明
目通り幹囲 6.9m(注1)
推定樹齢 不明
所在地の地名 長野県佐久市伴野(今岡)
 〃 3次メッシュコード 5438−23−85
 〃 緯度・経度 北緯36度14分41.0秒
           東経138度26分15.8秒
天然記念物指定 なし
撮影年月日 2016年8月7日

注1)地表面からの高さ1.3mにおける幹囲を実測





 今岡の諏訪神社から東の方へ200mほど進んだ所に墓地があり、2幹の大ケヤキが立っていた。
 どう名付けようか迷っていたところ、ちょうどそこへ、畑仕事から帰る途中の(?)ご婦人が来られた。
 ご近所の方のようなので、墓地はどこかの寺に所属しているのかどうか、あるいは墓地に名前があるかどうか質問してみたところ、篠原共同墓地という名前で、特定の寺院に所属してはいないとの明解なお答えが返ってきた。それで、標記の名称となったわけである。
 すらっと背が高いケヤキである。上空で大きな樹冠を戴いている。
 樹姿も全体に若々しく、私の拙い技術では7m近くもの幹囲を上手く表現できず、もどかしい。(左図で、メジャー代わりの愚妻の身長は145cm。この写真なら大きさがおわかりと思う)
 こんなに大きなケヤキが天然記念物指定を受けていないだけでなく、環境省巨樹データベースにも登録されていない。無名のケヤキなのだ。
 ケヤキ王国長野県ならではのことのように思われる。
ボタン:長野県(東信)の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る