ページタイトル:尾足日吉神社のイチョウ 当サイトのシンボル

画像:尾足日吉神社のイチョウ

画像:尾足日吉神社のイチョウ(遠景)
名称 尾足日吉神社のイチョウ
    (おたるひよしじんじゃのいちょう)
名称の典拠 なし
樹種 イチョウ
樹高 50m(注1) 実際はそんなに高くない
目通り幹囲 5.7m(注1)
推定樹齢 不明
所在地の地名 熊本県菊池市旭志尾足(注2)
 〃 3次メッシュコード 4930−36−18
 〃 緯度・経度 北緯32度55分41.9秒
           東経130度50分53.2秒
天然記念物指定 なし
撮影年月日 2011年8月1日

注1)環境省巨樹データベース(2000年フォローアップ調査)による
注2)2005年3月22日、菊池市に合併。旧行政区は菊池郡旭志村





 合志川の支流矢護側左岸、尾足集落内に尾足日吉神社が鎮座している。草創年暦不詳だが、もとは山王社と称し、尾足村の氏神。
 北側は山地になっているので、神社へは南の方から近づくことになる。南から尾足集落に達すれば、どこからでも下図の樹冠が見える。尋ね当てるのは容易である。
 大イチョウは拝殿に向かって左手前。
 単幹で直立。途中、横枝を出さず、上空に至ってから大枝を広げている。
 神社の境内などでは、樹形を整えるため、大枝を伐って若い枝を伸ばすことがしばしば行われる。ここではそんなことはしなかったようだ。大枝が十分な太さを保ち、それがこのイチョウの風格を高めているように思われる。
 樹勢も悪くなさそうで、これからまだまだ大きくなることだろう。
 
ボタン:熊本県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る