ページタイトル(愛宕神社のケヤキ) サイトのシンボル

画像:愛宕神社のケヤキ(幹と並ぶ)

画像:愛宕神社のケヤキ(境内の様子)
右が目通り5.1m。中央は4.5m。
名称 愛宕神社のケヤキ (あたごじんじゃのけやき)
名称の典拠 なし
樹種 ケヤキ
樹高 28m(注2)
目通り幹囲 5.1m(注1)
推定樹齢 300年以上(注1)
所在地の地名 福井県大野市南新在家
 
〃 3次メッシュコード 5436−04−00
 
〃 緯度・経度 北緯36度00分27.1秒
           東経136度30分28.0秒
天然記念物指定 なし
撮影年月日 2006年6月3日

注1)環境庁「日本の巨樹・巨木林 甲信越・北陸版」による





 南新在家の愛宕神社境内に3本のケヤキが立っている。
 向かって左は3.2m。巨樹の仲間入りをしたばかり。中央は目通り4.5m。3本中では、これが一番樹勢が良さそうだ。向かって右手が標記のケヤキ。幹囲ではこれが筆頭。
 残念ながら樹勢が良くない。上の写真は裏側から見たものだが、一度落雷に遭ったか、内部の空洞が黒く焦げている。
 よく見ると、空洞内に、空洞形成後に成長した幹が伸びていた。そして今日、それも枯死寸前のように見える。
 太い大枝が切断されてできた断面も、皮1枚である。キャップもなく、なんとなく痛々しい。
 苦労に苦労を重ねてきたようだ。 
ボタン:福井県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る