ページタイトル(西海老坂神明社の大杉) サイトのシンボル

画像:西海老坂神明社の大杉

画像:西海老坂神明社の大杉(幹と並ぶ)
名称 西海老坂神明社の大杉
   (にしえびさかしんめいしゃのおおすぎ)
名称の典拠 現地の案内板(注1)
樹種 スギ
樹高 33m(注2)
目通り幹囲 6.9m(注2)
推定樹齢 200〜299年(注2)
所在地の地名 富山県高岡市西海老坂
 
〃 3次メッシュコード 5537−10−30
 
〃 緯度・経度 北緯36度46分48.5秒
           東経136度59分50.5秒
高岡市指定天然記念物(1969年10月11日指定)
撮影年月日 2003年5月4日

注1)1992年3月に高岡市教育委員会が設置
注2)環境庁「日本の巨樹・巨木林 甲信越・北陸版」による





 神明社の御神木。
 西海老坂(にしえびさか)は氷見市との境界近くの集落。二上山(ふたがみやま、標高274m)の南西2kmほど。
 小矢部川の小さい支流に沿って並んだ家並みの西、小高い位置に神明社がある。
 石段を登って行くと、参道の左手前に見えるのがこの杉。もうすこし奥、社殿の右手前には目通り5.9mの杉も立っている。これら2本が高岡市指定の天然記念物である。
 いずれも、枝を整理した跡が見えるが、その他には枯枝もなく、樹勢は良さそうだ。
ボタン:富山県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る