ページタイトル(中村神明宮大欅) サイトのシンボル

画像:中村神明宮大欅

画像:中村神明宮大欅(幹と並ぶ)
名称 中村神明宮大欅
   (なかむらしんめいぐうおおけやき)
名称の典拠 「長野県の文化財」(注1)
樹種 ケヤキ
樹高 20m(注2)
目通り幹囲 8.0m(注2)
推定樹齢 600年(注3)
所在地の地名 長野県東筑摩郡筑北村坂北(中村)(注4)
 
〃 3次メッシュコード 5438−50−01
 〃 緯度・経度 北緯36度25分31.8秒
           東経138度00分59.5秒
坂北村指定天然記念物(1989年3月28日指定)(注4)
撮影年月日 2002年9月22日

注1)八十二文化財団のホームページ
注2)環境庁「日本の巨樹・巨木林 甲信越・北陸版」による
注3)「長野県の文化財」による
注4)2005年10月11日、東筑摩郡内3村が合併して筑北村誕生。旧行政区は坂北村





 中村神明宮は、JR篠ノ井線坂北駅の南約800m。村役場の南東100mほどのところにある。
 社殿の屋根越しに樹冠部が見える。もともとあまり広い境内ではないが、ケヤキはその一部を区切ったような、さらに狭い空間に立っている。
 確かに太いのだが、下から見上げると上に向かっての漸減率が大きく、根元の太さが嘘のようだ。
 地面に近く、大きな空洞が口を開いている。中心部は腐朽が進んでいるのだろうか。
 しかし、まだまだ元気そうである。
 
ボタン:長野県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る