ページタイトル(水無神社の大杉) サイトのシンボル

画像:水無神社の大杉

画像:水無神社の大杉(幹と並ぶ)
名称 水無神社の大杉 (みなしじんじゃのおおすぎ)
名称の典拠 現地の標柱(注1)
樹種 スギ
樹高 29m(注2)
目通り幹囲 7.0m(注2)
推定樹齢 1000年(注3)
所在地の地名 岐阜県中津川市付知町一の宮字富田(注4)
 
〃 3次メッシュコード 5337−33−93
 
〃 緯度・経度 北緯35度39分52秒
           東経137度25分09秒
付知町指定天然記念物(1974年3月26日指定)(注4)
撮影年月日 2003年6月21日

注1)付知町教育委員会が設置(設置年月不詳)
注2)環境庁「日本の巨樹・巨木林 東海版」による
注3)岐阜県図書館が作成したホームページ「マルチメディア平成の風土記岐阜」による
注4)2005年2月13日中津川市に編入合併。旧行政区は恵那郡付知町
注5)上記「平成の風土記岐阜」による。現地の標注には昭和49年12月3日指定とあり、月日が一致していない





 水無神社(みなしじんじゃ)というと大野郡宮村にある飛騨一の宮がまず最初に思い浮かぶが、こちらは恵那郡付知町にある水無神社。もちろん両社は無関係ではなく、付知町の水無神社がある一帯には「一の宮」の地名がつけられている。
 境内にはスギの巨木が林立し、目通り3mを超えて巨樹の範疇に達したスギも7本数えられる。なかではもちろん標記の大杉が図抜けて太い。
 境内の北端、道路の傍らに立っている。
 写真はいずれも道路側から撮影したが、幹の裏側には根元から頂部に達する腐朽が見られる。もうかなりの部分がすでに空洞化してしまったものと思われる。なんらかの処置を施した方がいいのではなかろうか。
 
ボタン:岐阜県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る