ページタイトル:三島神社の枝垂桜 ロゴ:人里の巨木たち

画像:三島神社の枝垂桜 名称 三島神社の枝垂桜
    (みしまじんじゃんしだれざくら)
名称の典拠 なし
樹種 エドヒガン
樹高 不明 (低い)
目通り幹囲 4.5m(注1)
推定樹齢 不明
所在地の地名 長野県長野市松代町西条
 〃 3次メッシュコード 5438−61−46
 〃 緯度・経度 北緯36度32分25.8秒
           東経138度12分13.5秒
天然記念物指定 なし
撮影年月日 2016年4月10日

注1)高地側の地表面から1.3mの高さにおける幹囲を実測





 千曲川の支流神田川の谷を南下する。道が狭くなり、気象庁松代地震観測所の入口を過ぎるともうすぐ。
 三島神社は、入組公民館の横から右手に入った山裾に鎮座するのだが、近くに行くまでサクラの姿が見えないので、わかりにくいかも知れない。駐車スペースもほとんどないのでご注意を。
 満開直前といったタイミングで訪ねた。(この年はずいぶん開花が早く、例年より1週間くらい早いのではなかろうか)
 サクラはかなりの老木で、幹も枝もかなり傷んでいる。花色も薄めで、あまり派手さはない。でも、精一杯の装いで迎えてくれた。
 境内には3本のサクラがあり、社殿に向かって右手前がこの大桜。向かって左は、もしかしたら、この子孫かも知れない。
 もう1本は大桜の後方に立つが、これは異なる性質を持っているようで、花の多くがまだ蕾であった。枝垂れてもいなかった。
ボタン:長野県(北信)の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る