ページタイトル:前原神社のスギ 当サイトのシンボル

画像:前原神社のスギ(幹と並ぶ)

画像:前原神社のスギ
名称 前原神社のスギ (まえはらじんじゃのすぎ)
名称の典拠 なし
樹種 スギ
樹高 35m(注1)
目通り幹囲 7.6m(注1)
推定樹齢 300年以上(注1)
所在地の地名 兵庫県美方郡新温泉町桐岡(注2)
 〃 3次メッシュコード 5334−23−38
 〃 緯度・経度 北緯35度31分44.1秒
           東経134度29分00.3秒
天然記念物指定 なし
撮影年月日 2010年10月16日

注1)環境庁「日本の巨樹・巨木林 近畿版」による
注2)2005年10月1日、美方郡内の2町が合併して新温泉町誕生。旧行政区は美方郡温泉町





 桐岡集落の西端近く、県道265号の南に前原神社が鎮座している。表参道は県道と反対側に開いてるのだが、県道側からも境内に入ることができる。
 兵庫県神社庁のWEBサイトによると、前原神社の祭神は猿田彦神(さるたひこのかみ)。ただし御神体はないらしく、境内の大杉を霊木として仰ぎ、今に至るまで本殿を有しない、とある。
 大杉には、見落としてしまいそうな細い注連縄が巻かれているのみだが、古くより、神の依代(よりしろ)として大切にされてきたのだ。
 大杉は、まさしく拝殿の真後ろに立っている。
 地上3〜4mで2幹に分かれ、また、隣に立つ1本とは根が繋がっている。細い方には注連縄がないが、3本合わせて信仰対象となっているのではあるまいか。
 ただ、残念なことに、3本とも、途中で主幹が切断されている。
 樹勢が衰えつつあるのだろうか。
 
ボタン:兵庫県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る