ページタイトル:天女の衣掛柳 当サイトのシンボル

画像:天女の衣掛柳(全景)

画像:天女の衣掛柳
名称 天女の衣掛柳 (てんにょのきぬかけやなぎ)
名称の典拠 現地の案内板(注1)
樹種 マルバヤナギ
樹高 18m(注2)
目通り幹囲 3.9m(注2)
推定樹齢 150年(注2)
所在地の地名 滋賀県長浜市余呉町川並(注3)
 〃 3次メッシュコード 5336−21−35
 〃 緯度・経度 北緯35度31分54.7秒
           東経136度11分38.1秒
天然記念物指定 なし
撮影年月日 2007年8月20日

注1)設置者名・設置年月とも不詳
注2)滋賀県公式ホームページのコンテンツの一つ「淡海の巨木探訪」による
注3)2010年1月1日、長浜市に合併。旧行政区は伊香郡余呉町





 下余呉から、余呉湖北岸を通って、川並に向かう県道33号(西浅井余呉線)のすぐ脇に立っている。
 周囲には水田が広がり、その先に余呉湖の水面が見える。湖面を渡る風が涼しい。
 案内板には、衣掛柳の名の由来が記されていた。
 伝承は2話あるらしいが、いずれにも共通するのは、舞い降りた天女がここに羽衣を掛けて水浴中、男に羽衣を隠されたこと、そのため、仕方なくその男の妻となり、子をもうけたこと。
 一方では、そのままここに住んで、当地の祖となったとされているが、他方は、羽衣の隠し場所を発見して、天に戻ったとされている。(天女が残した子が、のちの菅原道真だとか)
 いつごろ創作された伝説なのだろうか。150年の推定樹齢との間には大きなギャップがある。
 このヤナギのほか、周辺に大きな木はない。何らかの理由があって、この柳だけが伐られずに残ったのだろう。
 案内板には記されていないのだが、この柳は、何代目かの子孫だということなのかも知れない。
 
ボタン:滋賀県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る