ページタイトル:福金稲荷のイロハモミジ ロゴ:人里の巨木たち

画像:福金稲荷のイロハモミジ 名称 福金稲荷のイロハモミジ
    (ふくきんいなりのいろはもみじ)
名称の典拠 坂本俊亮著「最上の巨樹・巨木」(注1)
樹種 イロハモミジ
樹高 15m(注2)
目通り幹囲 3.0m(注3)
推定樹齢 不明
所在地の地名 山形県新庄市上金沢町
 〃 3次メッシュコード 5840−02−94
 〃 緯度・経度 北緯38度45分06.8秒
           東経140度18分19.8秒
天然記念物指定 なし
撮影年月日 2015年5月27日

注1)現地の標柱は「福稲荷のイロハモミジ」
注2)上記「最上の巨樹・巨木」による
注3)同上。同書には「主幹は約2.98m、他の幹をあわせると5.4m程」とあるが、大きさの印象としては2.98mの方が近い





 JR新庄駅の南約1.1km、県道34号(新庄戸沢線)のすぐ東を並走する生活道路に面して小さなお稲荷さんがある。このお稲荷さんは個人的なお社のようで、山形県神社庁のリストにも載っていないし、国土地理院の地形図にも神社マークはない。
 小さなお社(やしろ)が石垣の上に祀られているのだが、その周囲にモミジが数本植えられている。そのうちの1本を取り上げてみた。
 樹高も低く、あまり「巨樹」という感じではないのだが、樹形に趣きがある。
 下手くそな写真で恐縮だが、威厳を感じていただけるだろうか。
ボタン:山形県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る