ページタイトル(鍛冶屋公園のケヤキ) サイトのシンボル

画像:鍛冶屋公園のケヤキ(幹と並ぶ)

画像:鍛冶屋公園のケヤキ(全景)
名称 鍛冶屋公園のケヤキ (かじやこうえんのけやき)
名称の典拠 なし (私が勝手に命名)
樹種 ケヤキ
樹高 15m(注1)
目通り幹囲 6.5m(注1)
推定樹齢 不明
所在地の地名 長野県佐久市鍛冶屋
 
〃 3次メッシュコード 5438−23−58
 
〃 緯度・経度 北緯36度13分02.6秒
           東経138度28分44.6秒
天然記念物指定等 なし
撮影年月日 2002年10月28日

注1)環境庁「日本の巨樹・巨木林 甲信越・北陸版」による





 「鍛冶屋」の地名は旧鍛冶屋村から受け継いだ名である。平凡社「長野県の地名」によれば、村社である白髭神社境内の金山社に、長さ8寸・横5寸ほどの金敷石があり、開村の頃に鍛冶屋を業とした家があった故の命名らしい。
 今は静かな住宅地で、集落の外れに鍛冶屋公園がある。広場には遊具が置かれているので、子供たちの遊び場なのであろう。
 その端に小さな社があり、その横に大ケヤキが立っている。2本の融合木のようでもあるが、丸い豊かな樹形は、どこから見ても均整のとれた姿である。
 浅間山を背景に、秋晴れのなか、大らかで気持ちの良い風景を形作っていた。
 
ボタン:長野県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る