ページタイトル:薬師堂のイチョウ 当サイトのシンボル

画像:薬師堂のイチョウ(幹と並ぶ)

名称 薬師堂のイチョウ (やくしどうのいちょう)
名称の典拠 「緑の文化財」(注1)
樹種 イチョウ
樹高 28m(注2)
目通り幹囲 6.5m(注2)
推定樹齢 300年以上(注2)
所在地の地名 福島県石川郡石川町中田字迎高野
 〃 3次メッシュコード 5540−54−70
 〃 緯度・経度 北緯37度08分54.9秒
           東経140度29分51.5秒
天然記念物指定 なし
撮影年月日 2010年5月8日

注1)1983年3月、福島県総合緑化センターが刊行(福島県監修)
注2)環境庁「日本の巨樹・巨木林 北海道・東北版」による





 県道140号(石川鴇子線)の南に迎高野集落があり、薬師堂はその南端高台。注意して見るとイチョウは県道からも見えるのだが、気がつきにくいかも知れない。(脇見注意)
 県道から迎高野へは細い道が1本あるのみ。その道をとにかく進めばいいのだが、道の途中にもイチョウの近くにも駐車場がないのでご注意を。
 イチョウは薬師堂の前、石段の上に立っている。
 道路状況から想像して、迎高野集落以外からの参詣者はごく少ないことだろう。ごく近隣以外に知る人の少ないイチョウなのではなかろうか。
 
ボタン:福島県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る