ページタイトル(飯川神社のケヤキ) サイトのシンボル

画像:飯川神社のケヤキ

画像:飯川神社のケヤキ(全景)
名称 飯川神社のケヤキ (いがわじんじゃのけやき)
名称の典拠 現地の標柱(注1)
樹種 ケヤキ
樹高 27m(注2)
目通り幹囲 7.8m(注2)
推定樹齢 不明
所在地の地名 石川県七尾市飯川町(いがわまち)
 〃 3次メッシュコード 5536−47−05
 〃 緯度・経度 北緯37度00分21.1秒
           東経136度56分28.4秒
七尾市指定天然記念物(1965年10月1日指定)
撮影年月日 2003年9月14日

注1)設置者名、設置年月とも不詳
注2)環境庁「日本の巨樹・巨木林 甲信越・北陸版」による





 県道244号に西面して飯川神社がある。かつての「下の神明」が、明治41年(1908)に「上の神明」を合併して、飯川神社と改称したという。
 社殿も七尾市文化財に指定された立派な建物だが、県道に面して立つケヤキがすばらしい。「日本の巨樹・巨木林」によると、目通り7.8mは石川県下のケヤキでは最も大きな数値である。
 近年、一時樹勢が衰えたことがあった。枯れ枝が急に目立つようになったという。平成13年(2001)に土壌改良などの樹勢回復措置がとられ、再び元気になったようだ。
 周囲に柵が設けられて、ケヤキに触れることはできなくなってしまったが、旧七尾街道のランドマークともいえる大ケヤキのためとあらば、仕方があるまい。
 
ボタン:石川県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る