ページタイトル:枚聞神社のクスノキ 当サイトのシンボル

画像:枚聞神社のクスノキ

画像:枚聞神社のクスノキ(全景)
名称 枚聞神社のクスノキ
    (ひらききじんじゃのくすのき)
名称の典拠 なし
樹種 クスノキ
樹高 23m(注1)
目通り幹囲 10.6m(注1)
推定樹齢 300年以上(注1)
所在地の地名 鹿児島県指宿市開聞十町(注2)
 〃 3次メッシュコード 4630−64−43
 〃 緯度・経度 北緯31度12分29.7秒
           東経130度32分22.9秒
天然記念物指定 なし
撮影年月日 2009年7月28日

注1)環境庁「日本の巨樹・巨木林 九州・沖縄版」による
注2)2006年1月1日、指宿市に合併。旧行政区は揖宿郡開聞町(かいもんちょう)





 枕崎から頴娃町に向かう国道226号を走るとき、海原を越えて開聞岳(かいもんだけ。924m)の秀麗な山容が目に入る。思わず声をあげたくなるくらい、美しい姿だ。
 枚聞(ひらきき)神社は、その開聞岳の北に位置する。かつては本殿屋根の上に開聞岳が大きく見えたという。今日では、下図のように樹木が勢いよく茂り、背後の風景を隠してしまった。
 社伝では、和銅元年(708)の創建という。真偽を確かめる資料がないので、正確にこの年なのかどうかは知らないが、古くよりあった神社であることは確かなようだ。
 境内をぐるっと巡ってみた。
 薩摩国一宮だけあって、境内はよく整えられている。現在の社殿は慶長15年(1611)、藩主島津義弘公が寄進したもの(のち、天明7年(1787)に修築)。県指定有形文化財。
 境内林の主役はクスノキ。なかでは正面入口に立つクスノキが最も太い。
 弱ってきたためか、大枝はみな途中で切断されている。樹冠がすっかり小さくなってしまった。
 この他にも、数本のクスノキ巨樹が見られる。特に本殿後方の個体などは、なかなか立派だ。現時点ではまだ気の早い話だが、これらが、次代を担うクスノキと言ってよさそうだ。
 
ボタン:鹿児島県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る