ページタイトル:浜郷神社のクスノキ 当サイトのシンボル

画像:浜郷神社のクスノキ

画像:浜郷神社のクスノキ(全景)
名称 浜郷神社のクスノキ
    (はまごうじんじゃのくすのき)
名称の典拠 なし
樹種 クスノキ
樹高 14m(注1)
目通り幹囲 7.0m(注1)
推定樹齢 200〜299年(注1)
所在地の地名 三重県伊勢市通町
 〃 3次メッシュコード 5136−55−99
 〃 緯度・経度 北緯34度30分07.1秒
           東経136度44分21.8秒
天然記念物指定 なし
撮影年月日 2009年10月10日

注1)環境庁「日本の巨樹・巨木林 東海版」による





 勢田川右岸、国道23号勢田川橋の東に、浜郷神社が鎮座する。
 生活道路と小さな用水を挟んで反対側には通町(とおりまち)公園。小さな公園だが、住民にとっては大切な憩いの場。親子が仲良く遊んでいた。
 神社の入口は公園側にはなく、自動車がやっと通れるほどの細い道を入ったところ。角を曲がると、奥の方に立つクスノキの姿が見える。
 クスノキが立つ場所は、境内の北東隅。
 根元を囲う板垣の一部が倒れている。4日ほど前に通過した台風18号の被害だろうか。だとしても、この程度で済んで良かった。大きな枝折れも目につかない。
 ところで、かつてこの地は伊勢神社領で、ここには猿楽の座が3つあったらしい。神社やクスノキの説明は見つからなかったが、「通町の能」と題した案内板があった。通町には勝田流が伝わったそうだ。昭和33年(1958)、伊勢市無形民俗文化財に指定された。
 室町時代から続いているらしい。巨木に比べて短い寿命しか持たない人間ではあるが、次々と継承し続けることで、人間の営みに巨木を超える長い生命を吹き込むことが出来る。
 今も毎年3月25日頃、能の奉納が行われているようだ。
 
ボタン:三重県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る