ページタイトル:箱石の追猪の桜 サイトのシンボル

画像:箱石の追猪の桜_1

画像:箱石の追猪の桜_2
名称 箱石の追猪の桜 (はこいしのおいのさくら)
名称の典拠 現地の樹名碑(注1)
樹種 エドヒガン
樹高 26m(注2)
目通り幹囲 4.6m(注2)
推定樹齢 280年(注2)
所在地の地名 福島県二本松市上長折字箱石(注3)
 
〃 3次メッシュコード 5640−24−63
 
〃 緯度・経度 北緯37度33分26.8秒
           東経140度32分17.1秒
天然記念物指定 なし
撮影年月日 2007年4月15日

注1)平成12年(2000)3月30日に「福島県緑の文化財」指定を受けたのを契機に「いわしろ自然美術館」が設置した小さな石碑
注2)二本松市公式ホームページ内のサイト「いわしろの桜」による。(標記名称の読み方も)
注3)2005年12月1日、二本松市に合併。旧行政区は安達郡岩代町





 箱石集落を貫く道路脇に出ていた案内に従って、細い道を北に向かう。500mほど走ると、杉林の縁に1本のサクラが見えた。
 道から100mほど離れているため、車から見たときにはそれほどの巨木と思えなかったが、近くに立つと、目通り4.6mは十分頷ける数値だ。
 地上5m付近で横に伸びる枝の上に、巣箱らしきものが乗せてある。巣箱だとしたら、かなり大型の鳥のためのようだ。フクロウだろうか?
 「追猪の桜」の名の由来は、上記「いわしろの桜」によれば、昔、この木の根元に猪を追い込み捕らえたことに由来するという。
 サクラの咲く時期のことだったのだろうか。
ボタン:福島県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る