ページタイトル:船形の大シイ ロゴ:人里の巨木たち

画像:船形の大シイ 名称 船形の大シイ (ふなかたのおおしい)
名称の典拠 現地の標柱(注1)
樹種 スダジイ
樹高 15m(注2)
目通り幹囲 5.4m(注2)
推定樹齢 不明
所在地の地名 千葉県成田市船形
 〃 3次メッシュコード 5340−52−41
 〃 緯度・経度 北緯35度47分13秒
           東経140度16分05秒
成田市指定天然記念物(1995年4月20日指定))
撮影年月日 2014年5月13日

注1)1999年3月に薬師寺と成田市教育委員会が連名で設置。天然記念物指定名称もこれに同じ
注2)環境省巨樹データベース(2000年フォローアップ調査)による





 印旛沼の南にくっついて甚兵衛広沼という沼があり、そこに向かって、東側から台地の先端部が岬のように伸びている場所が数箇所ある。そして、それらの上には神社等が作られている。
 真言宗薬師寺があるのも、そんな場所の一つ。
 本尊の薬師如来坐像と、1対の金剛力士立像(いわゆる「仁王さん」)は千葉県指定文化財。鎌倉時代に作られたと考えられている。薬師寺自体も、少なくともその時代からの歴史を受け継いできたのだろう。
 石段の先、薬師堂(本堂)の左(向かって右)に天然記念物のスダジイが立つ。
 単幹のスダジイ巨木である。さすがに、株立ちのシイにない迫力がある。
 背は低くなってしまったものの、樹勢も良さそうだ。
 幹の太さでは、幡谷の香取神社のシイに次ぎ、市内第2位のシイの木である。(2014年5月現在、環境省巨樹データベースによる)
ボタン:千葉県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る