ページタイトル:葺不合神社のイチョウ ロゴ:人里の巨木たち

画像:葺不合神社のイチョウ
鳥居に近い方 ↓社殿に近い方
画像:葺不合神社のイチョウ(社殿に近い側)
名称 葺不合神社のイチョウ
    (ふきあえずじんじゃのいちょう)
名称の典拠 なし
樹種 イチョウ
樹高 25m/25m(注1) 実際はもっと低い
目通り幹囲 5.4m/5.0m(注1)
推定樹齢 100~199年(注2)
所在地の地名 千葉県我孫子市新木(あらき)
 〃 3次メッシュコード 5340-60-38
 〃 緯度・経度 北緯35度51分52.0秒
           東経140度05分59.0秒
天然記念物指定 なし
撮影年月日 2014年5月11日


注1)環境省巨樹データベース(2000年フォローアップ調査)による
注2)環境庁「日本の巨樹・巨木林 関東版(Ⅱ)」による





 新木小学校の南西約500m。新木県営住宅の東に葺不合神社がある。
 このあたりは、利根川の流れが作った自然堤防の上だ。現在の利根川からみると右岸側にあたるが、昔の利根川は何度も氾濫を繰り返し、流れる場所も一定ではなかったと思われる。大氾濫の時にも比較的安全な自然堤防上は、古い時代から人が住むに適した土地と考えられたことだろう。近年においても住宅地の開発が盛んであったことが、地形図から読み取れる。
 境内の拝殿改修記念碑によれば、文治2年(1186)、ここに市杵島比売命(いちきしまひめのみこと)を祀ったのが始まりと伝えられているらしい。イチキシマヒメは水の神である。開墾して耕作地ができ、集落が形成された頃、水害から守ってくれることを願って勧請されたのだろうか(あるいは境内の湧水と関係があるのかも)。本地垂迹説では弁財天と同一視されたため、当初は「沖田村の弁天様」と呼ばれていたようである。
 明治時代初めの神仏分離令で厳島神社(いつくしまじんじゃ)と改称、さらに明治39年(1906)、字宮前にあった葺不合神社など近隣の神社と合併したのを機に、主祭神をウガヤフキアエズノミコトに変更した。その際、社号も現在の葺不合神社に改めたようだ。(利根川の改修が進んで、大水害の恐れが少なくなったからだろうか)
 参道の横、拝殿に向かって右手に、イチョウが2本並んで立っている。
 いずれも単幹のイチョウで、途中で主幹を失っている。
 鳥居に近い方がやや大きいかとも思うが、ほぼ同じ大きさのようにも見える。いずれにしても、環境省データほどの違いはないかもしれない。
 2本は、同時に植えられたのだろうと思われる。
ボタン:千葉県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る