ページタイトル:荒木町白山神社のタブノキ サイトのシンボル

画像:荒木町白山神社のタブノキ(幹と並ぶ)

画像:荒木町白山神社のタブノキ
名称 荒木町白山神社のタブノキ
    (あらきまちはくさんじんじゃのたぶのき)
名称の典拠 なし
樹種 タブノキ
樹高 11m(注1)
目通り幹囲 6.0m(注1)
推定樹齢 不明
所在地の地名 石川県加賀市荒木町
 
〃 3次メッシュコード 5436−32−37
 
〃 緯度・経度 北緯36度17分04.6秒
           東経136度20分44.7秒
天然記念物指定 なし
撮影年月日 2007年11月17日

注1)2000年の環境省フォローアップ調査による。(「奥多摩町日原森林館」より一部データをダウンロード可能)





 1991年刊行の「日本の巨樹・巨木林 甲信越・北陸版」で、目通り4.94mとされていたタブノキである。その10年後の調査では6.0mとされている。
 鳥居に向かっ右手、境内の端に立っている。根元付近が大きく膨らんでいるために、幹囲を測定する際に、どこを測るべきか悩ませられる。そのため、測定値が大きく違ったのだろう。見た印象は、5m未満の木ではない。
 現況では樹勢は悪くないが、日影側に大きなサルノコシカケが出来ているのが気になる。タブノキのためには、取り去ってやったほうがいいのではなかろうか。
 拝殿の前に、注連縄をつけて立つサクラ(1991年調査ではヤマザクラとされている)も目についた。目通りは4mに満たないと思われるが、樹勢が良い。花の時期にはひときわ見事だろうと思われる。
 
ボタン:石川県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る