ページタイトル:秋穂二島のアラカシ 当サイトのシンボル

画像:秋穂二島のアラカシ 名称 秋穂二島のアラカシ
    (あいおふたじまのあらかし)
名称の典拠 現地の案内板(注1)
樹種 アラカシ
樹高 14m(注2)
目通り幹囲 4.7m(注3)
推定樹齢 300年以上(注2)
所在地の地名 山口県山口市秋穂二島(大里)
 〃 3次メッシュコード 5131−03−43
 〃 緯度・経度 北緯34度02分39.1秒
           東経131度25分16.1秒
山口県指定天然記念物(1976年11月24日指定)
撮影年月日 2017年3月30日

注1)山口県教育委員会と山口市教育委員会が連名で設置(設置年月不詳)。天然記念物指定名称もこれに同じ
注2)環境庁「日本の巨樹・巨木林 中国・四国版」による
注3)根元から1.3mの高さにおける幹囲を実測





 山口湾に注ぐ椹野川(ふしのがわ)の河口近く、左岸側に、「新開作」とか「昭和」が上についた地名がある。湿地が干拓されて農地化されたことを示していると思われる。
 秋穂二島はその南。かつては干潟(あるいは海)に浮かぶ島を指す呼称だったのだろうか。今は陸地となっているが、整然と幾何学的に造られた道路が、ここも干拓地であることを想像させる。
 アラカシが立つ大里集落は、一面に広がる水田より標高が少し高い。干拓以前からの集落のようだ。
 集落の東端に真言宗御室派栄泰寺があり、アラカシはその北西。「鶴林山萬徳院」の額を掲げる御堂の近くに立っている。
 環境省の幹囲データは4.0mということだったが、実際はもっと大きそうだ。根元から1.3mの高さで実測したら471cmあった。(根元は低く土盛りされている。その外側の水平面から測ればもう少し大きいかも知れない)
 少し傾いて立ち、体格もさることながら、樹形や幹の姿に古木然とした趣きがある。県の天然記念物とされたのも頷ける。
 息を止めつつこの木の周囲を3回まわれば願いが叶うと伝承されているようである。(案内板より)
ボタン:山口県の巨木リストに戻る ボタン:トップページに戻る